そもそも無駄毛ってなんで生えてくるの?

無駄毛というのは、当たり前のように生えていますが、そもそもなんで生えてくるのでしょう。無駄毛は、元々、体毛として体を覆っていたもののようで、体毛の名残なのです。体を守るために無駄毛は存在していているのですが、実際にはそれほど役に立っているとは感じにくく、むしろ邪魔に感じてしまいます。

 

最も気になる無駄毛と言えば、ワキ毛ですが、ワキ毛にはリンパ節を守ったり、脇がこすれるのを防ぐ役割があります。陰毛は陰部を守るために生えていて、フェロモン説もあります。尿にもフェロモンは含まれていて、陰毛はそれを付着、拡散させるために生えているとも言われています。

 

無駄毛というのは、無駄な毛のことだと思ってしまいますが、無駄毛は本来、人間にとって必要な毛として生えてくる部分の毛でもあるのです。現代では、無駄毛というと、美容やファッション、世間一般の考え方から、ムダな毛として捉えていますが、本来的には重要な役割を果たしているのです。

 

無駄毛は、自己防衛の為に生えているわけで、皮膚の摩擦を防いで弱点を守る働きがあります。保温、保護機能の役割を果たしています。